ウェストバージニア州

ウェストバージニア州

大好きなウェストバージニア州を紹介

ウェストバージニア州(West Virginia、略称:WV)は、アメリカ合衆国東部の州です。アパラチア山脈中に位置しており、山岳州(The Mountain State)という愛称で知られています。

 

ウェストバージニア州は北部でペンシルベニア州、北部及び西部でオハイオ州、西部でケンタッキー州、北部及び東部でメリーランド州、東部及び南部でバージニア州と隣接しています。オハイオ川及びポトマック川が、州境の一部を形成しています。

 

ウェストバージニア州はアパラチア山脈内部に位置している合衆国内で唯一の州であり、すべての地域が山岳内にあることから、山岳州(The Mountain State)と愛称が付けられています。州の約75%はカンバーランド高原(Cumberland Plateau)および アレゲニー台地 の地域内にあります。高原地域は、標高は高くないものの、大半が起伏が激しい地域です。

 

バージニア州との東部州境にあるモノンガヘラ国立森林公園(Monongahela National Forest)地域の山々は、ニューイングランド北部及びカナダ東部と類似した寒冷な気候並びに生態系を持つ。ウェストバージニア州の最高地点は、スプルース・ノブ(Spruce Knob)山頂の1,482 m(4,863 フィート)であり、密集したトウヒ木の針葉樹林でおおわれています。スプルース・ノブはモノンガヘラ国立森林公園内に位置しSpruce Knob - Seneca Rocks National Recreation Area の一部をなしています。また、この森林地域内には、全部で6つの原生地域があります。南部の森林の外側にあるニューリバー・ゴージ(New River Gorge)は、ニュー川(New River)によって侵食された304 m(1,000 フィート)の深い渓谷です。ニューリバー・ゴージ及びニュー川の大半は、ニューリバー・ゴージ国立河川公園(New River Gorge National River)に指定されています。ニューリバー・ゴージ国立河川公園は、国立公園局が管理する15の国立河川公園のうちのひとつです。

 

インディアン部族
この地には、「モネトン族」、「チェロキー族」、「コノイ族」、「デラウェア族」、「ショーニー族」、「オナイダ族」、「モホーク族」、「オノンダーガ族」、「カユーガ族」、「セネカ族」、「タスカローラ族」などのインディアン部族が先住し、農耕生活を営んでいた。後6者は「イロコイ連邦」を結成していたが、「ダンモアの戦争」の後、五大湖東部に移動し、北東部のインディアン部族との戦いのきっかけとなりました。
経済
ウェストバージニア州は、アメリカ合衆国の州の中で、経済的に最も脆弱な州のひとつです。アメリカ合衆国国勢調査局のデータによると、ウェストバージニア州はアーカンソー州及びミシシッピ州に次いで、1人当たりの収入が3番目に低い州です。また、平均世帯収入は最低に位置しています。ウェストバージニア州の4年制大学卒の人口の割合は15.3%とアメリカ合衆国内で最低です。

 

ウェストバージニア州経済の主要な資源のひとつは石炭です。石油掘削も試みられているが、これまでのところ中小規模の石油及び天然ガスしか保有していない。農業も行われているが、州の多くが山岳地形なため基本的に限定されています。

 

ウェストバージニア州の個人所得税は、連邦が定める調整後総所得(課税所得ではない)を州法の規定により修正したものに基づいて定められます。税率は3%から6.5%までの5段階です。ウェストバージニア州の売上税(Sales tax)は、一律に購入価格の6%を課すのではなく、購入価格が1ドルを超えると6セント、2ドルを超えると12セント、3ドルを超えると18セントというように、段階的に計算されます。
スポーツ
アイスホッケーや野球など 収入は、毎日の積み重ねです。あるところまでいくと急激に伸びることが多いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ